マットレスの種類について知ろう

マットレスにはいくつかの種類があります。

まずスプリングを使ったベッド用のものと、ウレタン樹脂を使った敷布団とベッド兼用の2つに分けられます。そしてスプリングを使ったものは、その構造からポケットコイル式とボンネルコイル式の2つに、またウレタン樹脂を使ったものは低反発タイプと高反発タイプに分けることができます。ポケットコイル式というのは、コイルスプリング一つひとつを小さな袋に入れて独立させることにより、体を点で支えます。

その結果、体圧を効率良く分散することができます。具体的には、耐圧がかかる腰や背中が他の部分よりも深く沈むような感じとなり、体にフィットしている感じで寝心地が良いのが特徴です。ホテルなどによく使われるシモンズ製ベッドのマットレスがこのポケットコイル式です。それに対してボンネルコイル式というのは、コイルスプリングを連結させることによって面で支え、体圧を分散させます。しっかりとした弾力があり、ポケットコイル式よりも固めの寝心地となります。

また、ウレタン樹脂を使ったマットレスの低反発タイプというのは、押したときの反発力が弱いタイプのものを言います。手で押してみると手形がはっきり残るほど反発力が弱く、じわっと沈み込んで安定させます。もともとNASAで開発された衝撃吸収素材が使われており、柔らかい包まれ感のある寝心地が魅力です。それに対して高反発タイプは押したときの反発力が強いタイプのものを言います。適度な硬さで体圧を分散させ、理想的な姿勢で眠ることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *